自動車部品圧入機

業界
  • 自動車・機械部品
工程
  • 押付け

圧入加工を電動化したことで
安全装置作動後の反応(加工停止)が速くなりました

  • 位置決め
  • 押し付け
【装置概要】
  • ・圧入加工で自動車部品を作る装置です。(3,000個/日)
  • ・圧入加工中に手がはさまれることがないように、圧入機の前面にライトカーテン を 設置して、危険があった場合には加工を停止する安全装置を設けてあります。
<改善前> 【今までの設備】
  • ・作業者が圧入機にワークをセットします。
  • ・運転ボタンを押すと、ライトカーテンが作動し、安全を確保した上で圧入加工を行います。
  • ・圧入が完了するとライトカーテンが切れ、作業者がワークを取り出します。
【問題点】
  • ・ 圧入加工中に作業者が手を入れて(ライトカーテンを遮っても)すぐに止まりませんでした。
  • ・ライトカーテンを遮ってから停止するまでの時間が0.3秒程あったため、ケガをする危険性がありました。
<改善後> 【今回の設備】
  • エアシリンダーをエレシリンダーへ変えました。
【改善点】
  • ・ライトカーテンを遮ってから、圧入加工が止まるまでの時間が0.1秒になり、反応がはやくなりました。
  • ・圧入加工中に誤って手を伸ばしてしまった場合でも、手が届く前に確実に止まるようになり、ケガする危険性がなくなりました。
【改善による効果】  ●ライトカーテンを遮ってから圧入加工が止まるまでの時間が短縮できました。
 ●手が届く前に圧入加工が確実に止まるようになり、
  安全面の問題が解消されました。

関連商品情報

アクチュエータ
ロボシリンダー EC-RR7

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。