樹脂部品供給工程

業界
  • 電子機器・家電
工程
  • 位置決め

部品供給をエレシリンダーにしたことにより
チョコ停がなくなりました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【取扱製品】
  • ・樹脂部品。
【工程】
  • ・セットされた樹脂部品を押し上げて、次工程の接着剤塗布作業へ搬送する工程です。
【従来の問題点】
  • ・エアシリンダーでの押し上げ作業時に、 押し上げの衝撃で部品がズレてしまうために、そのつど、作業を止めて部品を整えていました。チョコ停:1時間に4~5回(1回約90秒)
  • ・エアシリンダーが上昇する際、エア圧の変動により動作が不安定に。急に動き出す事でワークがズレるトラブルが多発しました。
  • ・ワーク飛び出しでチョコ停発生、作業を止める必要がありました。
【エレシリンダー採用による改善】
  • ・エレシリンダーを採用したことにより、押し上げ作業の加速度(A)、速度(V)、減速度(D)を個別に調整できるようになり、衝撃のないスムーズな動作となりました。結果、チョコ停がなくなり、サイクルタイムも5秒/個から4秒/個になりました。
  • ・動作が安定した為、ワークが飛び出す事がなくなり、チョコ停がゼロになり、作業時間短縮に成功しました。
【改善による効果】  ●1日1時間の作業短縮で人件費が削減できました。
 改善前・・・処理数2,000個 作業延人数4名(製造ライン4ライン/1ライン1名)
      作業時間10時間/日
 改善後・・・処理数2,000個 作業延人数4名(製造ライン4ライン/1ライン1名)
      作業時間 9時間/日
 人件費1,800円/時間 年間稼働日数220日
 1,800円×4名×220日=1,584,000円
 → 年間削減効果:158万円

関連商品情報

アクチュエーター
エレシリンダー EC-R7

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。