部品を搬送し、パレットにセットする工程

業界
  • 電子部品
工程
  • 移載

搬送軸の電動化により
停止時のショックがなくなることで
製造コスト削減

  • 位置決め
【従来の問題点】
  • ・パレット間の搬送をエアシリンダで行っていました。停止時の減速が不安定なため、部品の位置がずれることがありました。そのため、セットするときにずれた部品が破損していました。 この問題により〔Ⅰ〕~〔Ⅲ〕の損失が発生していました。
  •  〔Ⅰ〕部品破損廃却費用・・・・・・・・・7, 500円/月
    〔Ⅱ〕再検査目視工数・・・・・・・・・・250分/月➡11,250円/月
    〔Ⅲ〕チョコ停による損失・・・・・・・・466分/月➡20,970円/月
  •  ※人件費 45円/分
【X軸の電動化による改善内容】
  • ・停止時に滑らかに減速することでショックがなくなり、部品の位置ずれが無くなりました。そのため、部品を破損するトラブルが全く無くなりました。
【改善による効果】  部品破損や再検査、チョコ停がなくなりました。
 〔Ⅰ〕~〔Ⅲ〕合計・・・39,720円/月
39,720円/月×12ヶ月
→ 年間削減効果48万円

関連商品情報

アクチュエータ
単軸ロボットスライダタイプ ISB-MXM

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。