菓子箱の不良品排出装置

業界
  • 食品・医薬品・化粧品
工程
  • 移載

チョコレートの箱の印字不良品を排出する装置を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【概要】
  • ・チョコレートの箱の印字不良品を排出する装置
  • ・生産数:約12,000箱/日
【工程・段取】
  • ・賞味期限を箱に印字したチョコレートが前工程から流れてきます。
  • ・印字不良品を排出ラインへ払い出します。
【従来の問題点】
  • ・エアシリンダー使用時は、元圧の影響を受け、速度が著しく遅くなる事がありました。速度が遅くなると不良品を排出アームで受け損ない排出ライン入口に引っかかりチョコ停が発生します。
  • ・不良品を確実に排出するために、コンベアーの速度を落としていました。
【電動化による改善内容】
  • ・エレシリンダーで、速度/加減速度を数値で設定し、必ず設定通りの高速動作が行えるようになりました。これにより排出ラインの入口に不良品が引っかかることがなくなりました。
  • ・コンベアーの速度を上げることができました。
【改善による効果】
 ラインの速度が20%アップしました。
 1日当りの生産量12,000箱生産するのに16時間40分から13時間20分になりました。
 (サイクルタイムが5秒から4秒になりました。)
 年間人件費削減効果は96万円です。
 1,200円×3時間20分(内訳:16時間40分ー13時間20分)×240日=960,000円

関連商品情報

アクチュエータ
エレシリンダー EC-S6

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。