チョコレートの工程ライン振り分け装置

業界
  • 食品・医薬品・化粧品
工程
  • 移載

チョコレートの工程ラインを振り分ける装置を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【概要】
  • ・チョコレート(箱詰め)を次工程のライン(フィルム包装あり/なし)に振り分ける装置
  • ・生産数:約10,000個/日
【従来の問題点】
  • ・エアシリンダー使用時は、朝夕や周りの設備の稼働状況による元圧変動の影響を受けて、速度が不安定でした。速度が遅くなると振分けが間に合わなくなり、振分け治具で箱を潰してしまいチョコ停が発生していました。
  • ・逆に、速度が速くなるとワークに加わる衝撃で、コンベアーの壁からはね返って向きが曲がってしまう場合がありました。
    最適な速度設定の調整に時間を費やしていました。
  • ・チョコ停復旧に必要な時間
     ・スピコンによる調整時間:10分、チョコ停頻度:6回/日
     ・10分×6回=1時間/日
【電動化による改善内容】
  • ・エレシリンダーで、速度/加速度を数値で設定し、必ず設定通りの安定した動作が行えるようになりました。
    これによりワークの流れに振分けが間に合わなくなることも、破損をすることもなくなりました。
  • ・ワーク供給に対する適切な振分け速度は、一度設定すれば変更する必要はありません。日々のチョコ停からの復旧にかかる時間はありません。
  • ・チョコ停復旧に必要な時間
     ・0分/日
【改善による効果】
 労働時間を11%短縮できました。
 1日当りの生産量10,000個生産するための労働時間が9時間から8時間になりました。
 年間人件費削減効果は29万円です。
 1,200円×1時間(内訳:9時間-8時間)×240日=288,000円

関連商品情報

アクチュエータ
エレシリンダー EC-S6

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。