いちご大福のフタ装着装置

業界
  • 食品・医薬品・化粧品
工程
  • 移載

いちご大福の箱にフタを装着する装置を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【概要】
  • ・いちご大福を詰めた箱がベルトコンベアーで流れてきて停止位置で止まります。
  • ・ベルトコンベアーで流れてきたフタを持ち上げて箱の上に運びます。
  • ・フタを下げて箱にセットして次工程の梱包/出荷に送ります。
【従来の問題点】
  • ・エアシリンダーが箱の上で停止する際、衝撃でフタが落ちてしまうチョコ停が発生していました。
    →コンベアーを止め、落ちたフタを拾い、エアシリンダーの速度調整を行っていました。
  • ・エアシリンダーでは、フタを持ち上げるときに急加速することから、フタを取り残すことによるチョコ停が発生していました。
    →コンベアーを止め、フタがないまま流れて行った箱を回収し、エアシリンダーの速度調整を行っていました。
  • ・チョコ停からの復旧に必要な時間
     速度調整10分、チョコ停頻度:4回/日
     10分×4回=40分/日
【電動化による改善内容】
  • ・エアシリンダーをエレシリンダーに入換えました。
  • ・減速度を低くして衝撃を抑えることで、ゆるやかに停止することができるようになりました。
    フタ落下によるチョコ停がなくなりました。
  • ・加速度を低くして急加速を抑えることで、ゆるやかにフタを持ち上げることができるようになりました。
    フタ取り残しによるチョコ停がなくなりました。
  • ・チョコ停がなくなり、復旧に費やす時間が不要になりました。
     ・復旧にかかる時間:0分/日
【改善による効果】
 労働時間を1日40分短縮できました。
 1日当りのチョコ停復旧にかかっていた時間40分がなくなりました。
 年間人件費削減効果は19万円です。
 1,200円×40分(内訳:10分×4回)×240日=192,000円

関連商品情報

アクチュエータ
エレシリンダー EC-S6SH
エレシリンダー EC-GS4

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。