コンベアー移載装置

業界
  • 食品・医薬品・化粧品
工程
  • 移載

ダンボール箱(箱詰めしたインスタント食品)を下段のコンベアーから上段のコンベアーに移載する装置を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【装置概要】
  • ・箱詰めしたインスタント食品を倉庫に入れるため、ダンボール箱を下段のコンベアーから上段のコンベアーに送る装置です。
    (ダンボール箱搬送数:3,000個/日)
<改善前> 【工程説明(従来の設備で説明します)】
  • ・インスタント食品を詰めたダンボール箱が下段コンベアーで流れてきます。
    ダンボール箱が昇降コンベアーに乗ったことを近接センサーで検知し、下段コンベアーは止まります。
  • ・エアシリンダーを使用して昇降コンベアーが上昇します。
  • ・昇降コンベアーからダンボール箱を送り出した事を近接センサーで検知し昇降コンベアーが下降します。
  • ・ダンボール箱を送る動作を繰り返します。
【問題点】
  • ・3,000個のダンボール箱を倉庫に入れるのに約12時間かかっていました。
    生産能力と前工程の処理能力には余裕がありますが、昇降工程がボトルネックになり、生産効率が上がりませんでした。
  • ・サイクルタイム短縮を検討しましたが、エア流量が確保できず、エアシリンダーの上昇速度を上げることができませんでした。
    <移載にかかる時間の詳細>
    ①昇降コンベアーにダンボール箱が乗るまでの時間:2秒
    ②上昇にかかる時間:5秒
    ③昇降コンベアーからダンボール箱を送り出す時間:2秒
    ④下降にかかる時間:5秒

    サイクルタイムは
    ①(2秒)+②(5秒)+③(2秒)+④(5秒)=14秒で、
    入庫担当者の労働時間は
    14秒×3,000箱=42,000秒(11.7時間)でした。
<改善後> 【今回の設備】
  • ・エアシリンダーをエレシリンダーに変えました。
【改善点】
  • ・昇降動作が高速になり、次の効果がありました。
    ・昇降にかかる時間が上昇に2秒、下降に2秒の4秒になりました。
  • ・サイクルタイムを短縮することができ、工程の稼働時間を短くすることができました。

    サイクルタイムは
    ①(2秒)+②(2秒)+③(2秒)+④(2秒)=8秒になり、

    入庫担当者の労働時間は
    8秒×3,000箱=24,000秒(6.7時間)に減りました。
【改善による効果】
 労働時間を1日5時間短縮できました。
 入庫担当者の労働時間が5時間(11.7時間-6.7時間)減りました。
 年間人件費削減効果は322万円です。
 2,300円×5時間×280日=3,220,000円

関連商品情報

アクチュエータ
エレシリンダー EC-S15X

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。