コンベアー移載装置

業界
  • 食品・医薬品・化粧品
工程
  • 移載

高低差があるコンベアー間の移載を行う装置を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【概要】
  • ・コンベアー間の移載をする装置です。(6,000箱/日)
  • ・高低差があるローラーコンベアーで、ワークを上段から下段に下げて、流れを切り替えます。
<改善前> 【今までの設備】
  • ・箱詰めしたお菓子が傾斜したローラーコンベアーに流れてきてストッパーに当たって止まります。
  • ①エアシリンダーが上昇して箱を持ち上げます。
  • ②エアシリンダーが後退して箱を引き込みます。
  • ③エアシリンダーが降下して箱を下段のローラーコンベアーに載せます。
  • ・ワークは傾斜したローラーコンベアーを流れて次工程へ流れて行きます。
  • ④エアシリンダーが前進してフォークを前に出して次の動作に備えます。
【問題点】
  • ・エアシリンダー停止時の衝撃で箱が落下することがあり、チョコ停が発生していました。
  • ・チョコ停が発生した都度、エアシリンダーの動作速度調整に約10分かかっていました。
  • ・チョコ停の頻度は1日に約5回で、合計で50分(10分×5回)/日の時間をチョコ停復旧に費やしていました。
<改善後> 【今回の設備】
  • ・エアシリンダーをエレシリンダーへ変えました。
【改善点】
  • ・加速度/速度/減速度を数値で指定し、衝撃のない動作かつ高速動作ができるようになりました。
  • ・チョコ停がなくなりました。
【改善による効果】(条件:人件費1,200円/時間、年間稼働日数240日)
 労働時間を1日50分短縮できました。
 1日当りのチョコ停復旧にかかっていた時間50分がなくなりました。
 年間人件費削減効果は24万円です。
 1,200円×50分(内訳:10分×5回)×240日=240,000円

関連商品情報

アクチュエータ
エレシリンダー EC-S6
エレシリンダー EC-S7

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。