シャンプー充填装置

業界
  • 食品・医薬品・化粧品
工程
  • 充填

シャンプーを専用ボトルに充填する装置を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
  • 速度変更
【概要】
  • ・シャンプーを専用ボトルに充填する装置です。(10,000本/日)
  • ・液面の上昇に合わせてノズルの上昇を行いながら充填を行います。
<改善前> 【工程説明(従来の設備で説明します)】
  • ・空の ボトルをベルトコンベアーで送り、センサーで検知して充填時待機位置に止めます。
  • ・エアシリンダーが下降してノズルをボトルの底の手前まで移動します。
  • ・シャンプー充填開始と同時にエアシリンダーが上昇をはじめます。
  • ・一定量のシャンプーを充填した後も、ノズルが上昇を続け、先端がボトルから出たところでエアシリンダーが止まります。
  • ・ボトルを次の工程に送ります。
【工程のポイント】
  • 1.シャ ンプーはノズルから一定量出ている。
  • 2.液面の上昇速度は一定速度ではなく、断面形状が広い部分では遅く、せまい部分では速くなる。
  • 3.よって、ノズルと液面の距離も一定にならない。
  • 4.泡立ちが発生するのを防ぐために、ノズルと液面の距離を一定以内にする必要がある。
【問題点】
  • ・エアシリンダーの速度が遅くなるとノズルが液面の下に入ってしまい、充填後にボトルを送るときに、ノズルからシャンプーが垂れることがありました。
  • ・シャンプーがボトルの外側やコンベアーに垂れると都度清掃をしていました。
<改善後> 【今回の設備】
  • ・エアシリンダーをロボシリンダーへ変えました。
【改善点】
  • ・垂れたシャンプーを清掃する必要がなくなりました。
  • ・速度を途中で変更することができるため、ノズルとシャンプーの液面の距離を最適に保ったまま充填できるようになりました。
  • ・速度が安定しているので、ノズルがシャンプーの液面に入ることがなくなり、シャンプーがボトルの外に垂れることがなくなりました。
  • ・品質が安定し、稀に発生していた泡立ちによる不良品の発生もなくなりました。
【改善による効果】(条件:人件費1,200円/時間、年間稼働日数240日)
 労働時間を1日60分短縮できました。
 1日当りの清掃にかかっていた時間60分がなくなりました。
 年間人件費削減効果は29万円です。
 1,200円×60分(内訳:10分×6回)×240日=288,000円

関連商品情報

アクチュエータ
ロボシリンダー RCP6-SA6C

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。