シャンプーの不良品選別装置

業界
  • 食品・医薬品・化粧品
工程
  • 不良品排出

シャンプーの不良品を選別する装置を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【概要】
  • ・シャンプーが入ったパック(以降シャンプーパック)がベルトコンベアーで流れてきます。
  • ・シャンプーパックの重量を、コンベアーが動いたままで測定できるウェイトチェッカーで測定します。
  • ・規格外の重さの場合は、エアシリンダーでワークを止めエアシリンダーで不良品として払い出します。
【従来の問題点】
  • ・元圧の変動でエアシリンダーの動きが遅くなり、不良品を下流へ流してしまうことがありました。
    →動作が間に合わないとアラームとなり チョコ停が発生していました。
  • ・同じく、エアシリンダーが不良品を排出する前に、ウェイトチェッカーのコンベアーに次のシャンプーパックが入り込んで重量測定ができなくなってしまうことがありました。
    →測定がNGになるとアラームとなりチョコ停が発生していました。また、速度が速くなった場合に不良品が回収箱に入らずに外に落ちることがありました。
  • ・ エアシリンダーが原因のチョコ停頻度は平均3回/日で、復旧するために10分/回の調整が必要でした。1日で合計30分チョコ停復旧に時間をかけていました。
     ・3回×10分=30分/日
【電動化による改善内容】
  • ・エアシリンダーをエレシリンダーへ入換えました。
  • ・エレシリンダーを導入した効果は次の通りです。
    エレシリンダーラジアルシリンダー:
    ・速度の変動がなくなり、ストッパーの上昇遅れが原因の、下流への不良品流出がなくなりました。アラームが発生しなくなり、チョコ停がなくなりました。
    エレシリンダーロッドタイプ:
    ・速度の変動がなくなり、不良品排出遅れが原因で2つ目のシャンプーパックがウェイトチェッカーのコンベアーに入り込むことがなくなりました。アラームが発生しなくなり、チョコ停がなくなりました。また、不良品が回収箱の外に落ちてしまうこともなくな りました。
  • ・チョコ停がなくなり、復旧に費やす時間が不要になりました。
     ・復旧にかかる時間:0分/日
【改善による効果】
 労働時間を30分短縮できました。
 1日当りのチョコ停復旧にかかっていた時間30分がなくなりました。
 年間人件費削減効果は14万円です。
 1,200円×30分(内訳:10分×3回)×240日=144,000円

関連商品情報

アクチュエータ
エレシリンダー EC-RR6M
エレシリンダー EC-R6M

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。