うどんこね機

業界
  • 食品・医薬品
工程
  • 位置決め

うどん生地をこねる工程を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
  • 速度・加減速度設定機能
【概要】
  • ・自家製うどんを使ったうどん店
  • ・製造量:うどん100食分(10kg)/日
【工程】
  • ・材料(小麦粉、水、食塩)を混ぜた後の生地にコシを出すためにこねる工程です。
【従来の問題点】
  • ・作業者がうどんの生地をこねる作業を、足踏みで1日に3時間行っていました。
  • ・踏み込みムラが原因で、うどんを細く切る前にのばす工程で、のびが悪く生地がひび割れる不良があり、廃棄を行っていました
    不良率:平均3%
【ロボシリンダー採用による改善内容】
  • ・作業者が足踏みで行っていた作業を自動化できました
  • ・品質が安定し、不良による廃棄がなくなりました。
【改善による効果】  ●うどんの生地をこねる作業にかかる人件費を削減できました。
 作業時間3時間/日、年間稼働日数240日
 人件費1,800円/時の場合
 3時間×240日×1,800円=1,296,000円/年
 ●不良廃棄がなくなりました。
 年間稼働日数240日、生産量10kg/日
 材料費200円/kg、不良率3%の場合
 10kg×200円×0.03×240日=14,400円/年
効果の合計
 ①1,296,000円+②14,400円=1,310,400円/年  → 年間削減効果:131万円

関連商品情報

アクチュエータ
ロボシリンダー RCP6-RRA6C

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。