銅線より装置の溶剤塗布工程

業界
  • 紙・フィルム・線材・建材
工程
  • 塗布

溶剤塗布工程をエアシリンダから
ロボシリンダに置き換えたことで
サイクルタイムを大幅に改善できました

【従来の問題点】
  • ・銅線の溶剤塗布工程において、溶剤入りシリンジの移動にエアシリンダを使っていました。
  • ・低速の移動速度が不安定の為、フエルトへの溶剤供給量にムラがありました。
  • ・ムラを無くすために吐出量を多くし、塗布が過多になり、結果、次工程で不良が発生し、チョコ停の原因となっていました。
【改善内容】
  • ・溶剤入りシリンジの送り速度を一定にできたので、ムラが無くなりました。
【改善結果】
・溶剤の消費を節約できました。
・次工程のチョコ停がなくなりました。
サイクルタイム改善:7秒 → 5秒
チョコ停削減:30分/日 → ゼロ

関連商品情報

アクチュエータ
RCP2-SA6C

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。