パレット積み上げ装置

業界
  • その他
工程
  • 移載

移載を電動化したことで
人件費を削減できました

  • 位置決め
【概要】
  • ・樹脂成型品のパレットを積み重ねる装置です。(6,000枚/日)
  • ・パレットを左右のツメで持ち上げて次のパレットの上に積み重ね、一定枚数になるまで繰り返します。
<改善前> 【今までの設備】
  • ・パレットがコンベアーで送られ、センサーで検知して止まります。
  • ・エアシリンダーが前進し、先端のツメがパレットのツバをとらえます。
  • ・エアシリンダーが上昇し、パレットを持ち上げます。
  • ・次のパレットがコンベアーで送り込まれ、停止します。
  • ・エアシリンダーが下降してパレットを重ねた後、エアシリンダーが後退します。
  • ・パレットが5段積みになるまで繰り返します。
  • ・5段に達したら次の工程へ進みます。
【問題点】
  • ・左右のエアシリンダーの動き(上下)がずれることがあり、持ち上げたパレットが傾いて崩れるチョコ停が発生していました。
  • ・チョコ停が発生したら都度、エアシリンダーの動作速度調整を行い、その作業に約8分かかっていました。
  • ・チョコ停の頻度は1日に約6回で、合計で48分(8分×6回)/日の時間をチョコ停復旧に費やしていました。
<改善後> 【今回の設備】
  • ・エアシリンダーをエレシリンダーへ変えました。
【改善点】
  • ・エレシリンダーは、エアシリンダーの様に動作の遅れがなく、常に安定した動きができます。
    そのため、左右のエレシリンダーが上下に動く際も、動作タイミングと、加速度/速度/減速度が同じになることで、重ねたパレットが傾いて崩れることがなくなりました。
  • ・安定したパレット積み重ね作業ができるようになりました。
  • ・チョコ停がなくなりました。
【改善による効果】(条件:人件費1,200円/時間、年間稼働日数240日)
 労働時間を1日48分短縮できました。
 1日当りのチョコ停復旧にかかっていた時間48分がなくなりました。
 年間人件費削減効果は23万円です。
 1,200円×48分(内訳:8分×6回)×240日=230,400円

関連商品情報

アクチュエータ
エレシリンダー EC-RR7LAH
エレシリンダー EC-TW4L

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。