PC周辺機器の樹脂ケース供給工程

業界
  • その他
工程
  • 移載

部品供給を電動化したことにより
落下によるチョコ停がなくなりました

  • 位置決め
  • 速度・加速度設定機能
【取扱部品】
  • ・PC周辺機器の樹脂製ケース。
    (以降、ケースと略します。)
【工程】
  • ・ケースをストッカーからコンベアーに供給します。
【従来の問題点】
  • ・ストッカーからコンベアーへの部品供給にエアシリンダーを使っていました。
  • ・水平軸がコンベアー上で停止するときの衝撃で、ケースが落下することがありました。
  • ・進行方向に投げ出されたケースが、前のケースに重なったり、間隔がせまくなる不具合がありました。これが原因でチョコ停が発生していました。
 チョコ停の頻度 : 平均6回/日
 チョコ停の復旧にかかる時間 : 6分/回
 1日当りのチョコ停復旧にかかる時間:6回×6分=36分(0.6時間)
【ロボシリンダー採用による改善内容】
  • ・コンベアー上での停止をゆるやかに行うことで、ケースが落下しなくなり、チョコ停が発生しなくなりました 。
【改善による効果】  ●チョコ停復旧にかかる人件費を削減できました。
(例)年間稼働日数240日、人件費1,800円/時の場合
   0.6時間(36分)×240日×1,800円=259,200円
 ⇒年間削減効果:26万円

関連商品情報

アクチュエータ
ロボシリンダー RCP6-SA6C

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。