ダンボール印刷機の引き込みローラー清掃工程

業界
  • その他
工程
  • 清掃

印刷機の引き込みローラー清掃工程を
電動化したしたことで
稼働時間がアップしました

【従来の問題点】
  • ・手作業でブラシがけを行っていたため、清掃の過程で次のような汚れ残りが発生していました。
    ①ブラシの送りムラ(不安定な速さ)による汚れ残り。
    ②ブラシの当てムラ(ブラシを当てる力の強弱)による汚れ落ちの濃淡
  • ・残った汚れを落とすために、何度もブラシがけを繰り返し、清掃作業に多大な時間をかけていました。
【改善内容】
  • ・一定速でブラシを送ることで、汚れ落ちのムラがなくなりました。(ブラシの当て方も安定しました。
【改善結果】
・ブラシがけの効率が上がり、清掃時間が短くなりました。
清掃時間削減(1日当り):60分→10分に削減
稼働時間(1日当り):420分→470分に12%アップ

関連商品情報

アクチュエータ
防塵・防滴単軸ロボットスライダタイプ ISWA-L

資料請求・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。