企業活動文化支援活動

インターンシップ開催

<2015.03.20>

アイエイアイでは、学生の方々に弊社のことを知ってもらうため、2015年2月16日(月)~20日(金)と2月23日(月)~27日(金)の2週に分けインターンシップを開催し、合計13名の学生を迎えました。今年はミニロボを使う「ロボットコンテスト」というコンセプトのもと、アイエイアイの社内見学をしたり、ミニロボのパーツを使って様々なものを作ったりしました。学生の方々は試行錯誤しながらも熱心に取り組んでいました。

1日目はミニロボの組立を行い、2日目以降はこのミニロボの部品を使ってスピードを競うロボットや相撲ロボット、綱渡りロボットを学生それぞれが工夫をしながら作成していました。タイムを競って順位をつけ、5日間を通して優勝者を決めるというシステムで、難しい所はお互いにアドバイスしあいながら、優勝を目指して真剣に取り組んでいました。

静岡市長杯 ミニロボ冬季大会

<2015.01.09>

2014年12月25日(木)に静岡市清水区にある【静岡市こどもクリエイティブタウン『ま・あ・る』】で、組立式小型サッカーロボット「ミニロボ」の第5回静岡市長杯『ミニロボ冬季大会』が開催され、54名の小中学生が参加しました。

試合前、90秒間に100個のボールを何個ゴールにいれられるかを競う「100球玉入れ 」を行いました。今までの大会の最高個数は80個前後でしたが、今回2チームが97個入れ、歴代最高記録をだしました。

また、決勝戦は前大会王者VS前々大会王者で、 結果は前々大会王者が返り咲きました。 今回で5回目の大会ですが、連覇をしたチームはまだいません。 今後、連覇するチームが出てくるのかが楽しみです。

回を重ねるごとに大会参加者のレベルがとても高くなっているので、今年はミニロボを操作し始めた子供たち向けに新人戦を行う計画を立てています。

次回は3月に『ミニロボ春季大会』を開催予定です。皆さんのご参加をお待ちしております。

ミニロボホームページ:http://mini-robo.com

IAIドリーム教室

<2014.10.31>

アイエイアイは、静岡市・静岡大学と共同で、静岡市内の小学4~6年生を対象にした出張授業を行っています。この出張授業は「最強のミニロボを考えよう!」というタイトルのもと、4年生では電池の並列・直列の勉強、5年生ではタイヤを使い“円周”の勉強、6年生ではギアを使い“比”の勉強をします。

ワークショップを始める前に、まずミニロボで遊びます。初めて操作する子供たちは初めは恐る恐る触れるといった感じですが、すぐにミニロボの操作になれ、大盛り上がりをします。

ある程度ミニロボを操作したら勉強の時間です。実際にミニロボを操作した後に勉強をするので、子供たちは真剣に授業に聞き入ってくれます。どの授業も紙の上で計算をし、考えた後で実機を使って検証をするので理解しやすいようです。

そして最後に、改造済みのミニロボを子供たちに見せ、改造のおもしろさやすごさを伝えます。授業終了後には、「どこで遊べるのか?」などの質問がでて、子供たちもミニロボに興味をもってくれます。

この出張授業は7月から11月末までに15校を回る予定です。今後も子供たちに作る楽しさや操作する楽しさを伝えていきます。

授業に聞き入る子供たち

静岡市長杯 ミニロボ夏季大会

<2014.09.12>

2014年8月24日(日)に静岡市清水区にある【静岡市こどもクリエイティブタウン『ま・あ・る』】で、組立式小型サッカーロボット「ミニロボ」の第4回静岡市長杯『ミニロボ夏季大会』が開催されました。

今回の大会では、リーグ戦とタイムトライアルが開催されました。タイムトライアルは、車やオートバイのレース場のようなミニロボ・レース場を設け、コースを1周してそのタイムを争います。そして、リーグ戦もタイムトライアルも、なんと同じチームが優勝しました。このチームは、ミニロボの練習場であるミニロボプラザに通うなどして大会に向けて準備をしていたそうです。優勝したチームの内の1人は、ミニロボのデザインを競うコンクールデレガンスでも優勝をし、3つ全ての賞を総なめにしました。

また今大会では多くのチームが規定内で様々な改造を行って出場していました。女の子のチーム参加も増えており、可愛らしいデコレーションをしたミニロボがたくさんありました。

次回は冬に開催される予定です。更に白熱した戦いが予想されます。多くの小・中学生のご参加をお待ちしております。

ミニロボホームページ:http://mini-robo.com

会場の様子

コンクールデレガンス優勝作品

「清水みなと祭り ~祭りの力を日本の力に!~」

<2014.08.08>

静岡市清水区の夏の恒例イベント「第67回清水みなと祭り」が8月1日~3日の3日間にわたり開催されました。

8月2日にはメインイベントの「港かっぽれ総おどり」が行われました。この総おどりは、地元の小学校や中学校では授業で学ぶほど地域に根付き、親しまれています。

今年は「僕らの縁 繋がる縁 祭りの縁」をキャッチコピーに、参加者全員が清水市街を踊り歩きました。

アイエイアイは地元企業として4度目の参加を果たし、社員約120名が猛特訓の成果を披露しました。今後も地域に根ざした企業として、地域社会との交流を深めてまいります。

オリジナルハッピを着て踊るアイエイアイチーム

清水市街を踊り歩きます

ミニロボの練習場『ミニロボプラザ』を開設

<2014.05.09>

"2014年4月19日(土)に静岡市清水区にある太陽生命清水ビル1階に、組立式小型サッカーロボット「ミニロボ」の練習場『ミニロボプラザ』を開設しました。この施設は、「ミニロボの大会に向けて練習をしたい」「もっとミニロボを動かしたい」と言う子供たちの声に応えて開設したものです。施設開放時にはスタッフが常駐して、修理や改造の相談も受け付けています。みなさんもぜひご利用下さい。

住所:静岡市清水区江尻東2丁目1-5 太陽生命清水ビル1階
利用可能時間:毎週土曜日・日曜日の午前10時~午後4時
予約:必要なし
費用:無料
お問合せ先:info@iai-robot.co.jp

ミニロボホームページ:
http://mini-robo.com

静岡市長杯 ミニロボ春季大会

2014年4月3日(木)に静岡市清水にある【静岡市こどもクリエイティブタウン『ま・あ・る』】で、組立式小型サッカーロボット「ミニロボ」の第3回静岡市長杯『ミニロボ春季大会』が開催されました。

今回の大会では小中学生54名18チームが参加し、その内、初参加者は14名でした。
最初「100球玉入れ」を行い、90秒間により多くの玉をゴールしたチーム順にランク付けを行いました。その後リーグ戦を行い、会場はとても盛り上がりました。決勝に近づくにつれ、にぎやかで楽しそうな雰囲気は緊張感のある真剣な試合になっていきました。

また、冬季大会同様、参加した子供達が改造・色付けをしたミニロボのデザインを競う「コンクールデレガンス」も行われました。どれも個性ある素敵なものばかりでした。

次回は夏に開催される予定です。より多くの子供達に参加してもらい、作る楽しさや操作する楽しさを知ってもらいたいと思います。

ミニロボホームページ:http://mini-robo.com

会場の様子

コンクールデレガンス上位3作品

ミニロボが平成25年度「しずおか葵プレミアム」に認証

2014年1月17日(金)に「しずおか葵プレミアム」にミニロボが認証されました。

これは静岡市が行っている事業の一つで、静岡市の文化や技術、自然など多彩な地域資源を活かした付加価値の高い商品・製品を静岡市ブランドとして認証するものです。書類選考から始まり、審査員への直接のプレゼンを経ての認証となります。

今後、しずおか葵プレミアムとして、様々なところで宣伝や展示をしていただけます。より多くの子供たちにミニロボを知ってもらい、作る楽しさや喜びを感じてもらえるよう努めていきます。

しずおか葵プレミアムについて:
http://www.city.shizuoka.jp/deps/tiikisangyo/brand_index.html

ミニロボホームページ:
http://mini-robo.com

 

 

静岡市長杯 ミニロボ冬季大会

2013年12月26日(木)に静岡市清水区にある【静岡市こどもクリエイティブタウン『ま・あ・る』】で、組立式小型サッカーロボット「ミニロボ」の『静岡市長杯 ミニロボ冬季大会』が開催されました。

今回の大会では、初めて女の子のチームがベスト4に進出したり、優勝候補だったチームが決勝トーナメント1回戦で負けてしまったりと、予想外のことが多い大会でした。そして決勝戦はとても白熱した戦いで、会場全体が盛り上がりました。

また、参加した子供達が改造・色付けをしたミニロボのデザインを競う「コンクールデレガンス」も行われました。子供達が作成したミニロボは、どれも魅力的なものばかりです。

ミニロボの大会は年3回行います。次回は、2014年4月3日(木)に同会場で開催予定です。ミニロボを通して、自分で組立て、操作する楽しさを知ってもらえるよう活動を行っていきます。

ミニロボホームページ:http://mini-robo.com

会場の様子

コンクールデレガンス優勝作品

静岡市長杯 ミニロボ夏季大会

2013年8月25日(日)に静岡市清水区にある【静岡市こどもクリエイティブタウン『ま・あ・る』】で、組み立て式小型サッカーロボット「ミニロボ」の『静岡市長杯 ミニロボ夏季大会』が開催されました。

当日は小中学生総勢60名が参加し、予選はリーグ戦で、その後はトーナメント戦が行われ、白熱した試合が繰り広げられました。
また、車やオートバイのレース場のようなミニロボ・レース場を設け、コースを1周してそのタイムを争う【タイムトライアル】レースの個人戦も同時に行われ、会場は熱気に包まれました。

最近では、小中学生がスマートフォンやゲーム機で遊ぶことが多くなっています。 積極的に他人との関わりを持ったり、自分で考えて行動が出来る子供を増やしていく事が、ミニロボの重要な役割だと考えています。

アイエイアイはミニロボを通して、子供達が喜び、その成長に役立つよう支援活動を行っています。

ミニロボホームページ:http://mini-robo.com

会場の様子

ミニロボ(miniRobo)

グランシップ こどものくに ねんどでぎゅっ!

アイエイアイは、2013年5月3日(金)~6日(日)に静岡市駿河区のグランシップ(正式名称:静岡県コンベンションアーツセンター)で開催されました『グランシップ こどものくに ねんどでぎゅっ!』に協賛いたしました。

このイベントは、身近な素材をテーマに、「さわる」「あそぶ」「つくる」の体験を通して、子どもたちの創造力を育む参加型イベントです。

当社は、スカラロボットによるお絵かきのデモンストレーションを行いました。開催期間中には、約1300名ものお子様とそのご家族にご来場いただき、スカラロボットで描かれた線画のイラストに色塗りをして楽しんでいただきました。

普段見慣れない産業用ロボットとその動きを間近で見ることで、ものづくりの素晴らしさや楽しさを感じていただけたことと思います。

当社は、今後も地域への文化支援活動の一環として様々なイベントに貢献していきたいと思います。

お絵かきのデモンストレーションを真剣にみる子供たち。

スカラロボットの前には長い行列ができました。

静岡市こどもクリエイティブタウン「ま・あ・る」 ミニロボ講座

アイエイアイは、文化支援活動の一環として、2013年1月20日に、アイエイアイ本社のある静岡市清水区にオープンした職業体験施設「こどもクリエイティブタウン ま・あ・る」にて、組み立て式小型サッカーロボット『ミニロボ』を製作する「ミニロボ講座」を開催しています。

当社の社員が講師になって、小学4年生~6年生の参加者を対象に、全4回の講座を通してミニロボの組み立てを行います。完成後は、ミニロボ専用のサッカーコートで実際にゲームを楽しむことができます。 「ミニロボ講座」は、今後も定期的に開催し、ミニロボサッカー大会なども開催する予定です。

当社はこの講座を通して、子どもたちの理科離れの改善、ものづくりへの興味・考える力を養うきっかけになることを期待し、今後も、地域に根ざした企業として、継続的に文化支援活動を行っていきたいと思います。

ミニロボ(miniRobo)とは

シュート機構を備えた2輪駆動の小型ロボットで、リモコンを操作し前後移動、ドリブル、パスシュートなどの動作が行えるサッカー用ロボットです。
自分でパーツを組立てて、ロボットを完成させます。

ミニロボ講座

ミニロボ(miniRobo)

駒越生涯学習交流館まつり

2012年11月10日(土)に、アイエイアイは文化支援活動の一環として、アイエイアイ本社のある静岡市清水区の駒越生涯学習交流館で開催されました交流まつりに参加いたしました。

交流まつりでは、IAIのスカラロボットによるお絵かきのデモを行い、参加した子供たちにロボットで描かれた線画のイラストに色塗りしていく作業をしていただきました。

普段見慣れない産業用ロボットとその動きを間近で見ることで、ものづくりの素晴らしさや楽しさを感じていただけました。当日は大変盛況で、約200人の子供たちに来場いただきました。

この生涯学習交流館は、清水に20館あり、地域の交流やまちづくりの拠点施設として地域住民との関わりが深い施設です。

交流まつりは、毎年10月~11月に各館にて開催され、アイエイアイは今年初めての参加でしたが、今後も地域への文化支援活動の一環として貢献していきたいと思います。

スカラロボットによるお絵かきのデモ。

色塗りを楽しむ子供たち。

静岡科学館 る・く・る ~「とびだせ!企業研究室」~

2012年8月26日(日)に、静岡科学館 る・く・るで「とびだせ!企業・研究室」が開催され、アイエイアイは、内部構造の見えるスケルトン単軸ロボットやスカラロボットによるお絵かきデモ機の展示を行いました。
また、左右それぞれの車輪に取り付けられたモータを使って前進、後退や旋回ができ、別のモータでボールをはじくこともできるミニサッカーロボを専用のコントローラで操作する体験コーナーも設け、多くの子供たちが、普段触れることのないロボットをより身近に感じることができました。

1回50分×5回の開催で、午後のみのイベントでしたが、親子合わせて170名もの来場者があり、ものづくりを支えている産業用ロボットなどについて多くの子供たちが体験を通して学んだイベントとなりました。

羽衣祭り 三保羽衣薪能

アイエイアイ本社のある静岡市清水区には、羽衣伝説発祥の地である「三保の松原」があります。毎秋、この三保の松原では羽衣祭りが開催され、羽衣の松を鏡板に見立てて薪能が演じられます。

羽衣祭りは、1940年代半ば、フランスにて能「羽衣」の公演に力を注いだフランスの舞踏家エレーヌ・ジュグラリス夫人を顕彰することを目的として、昭和59年より行われていて、当日は、三保の浜に能舞台が特設され、波の音を聞きながら暗闇の中でかがり火をたいて能鑑賞となります。能の幽玄な世界と狂言の笑いの世界、二つの世界を楽しむことができます。

アイエイアイは、地域への文化支援活動の一環として、この羽衣祭りに協賛しています。

清水みなと祭り

アイエイアイは、地元清水地域への文化支援活動の一環として、2011年8月5日(金)~7日(日)の3日間にわたり開催されました「第64回清水みなと祭り」に初参加しました。

「清水みなと祭り」は、毎年8月の初めに開催され、今年で64回を迎えます。
その歴史は古く、昭和22年に清水港が正式に開港場に指定された日を記念して、また、大戦直後という厳しい状況の中で、人々の明るさを取り戻すことを目的に開催されたのが始まりと言われています。

8月6日に行われた、清水みなと祭りのメインイベント「港かっぽれ総おどり」では地元の幼稚園、小学校や企業等の243団体、約1万1千人が参加し、「祭りの力を日本の力に!」をテーマに、東日本大震災からの復興を願い清水市街を踊り歩きました。

アイエイアイは、地域社会と一体化し、交流を深め、地域に根ざした企業として今後も継続的に地域に貢献していきたいと思います。

お揃いのハッピをきて踊るアイエイアイチーム。

笑顔を絶やさず踊り続けます。

る・く・るロボットワールド

2010年1月3日(日)~2月14日(日)まで静岡科学館る・く・るにて、企画展「る・く・るロボットワールド」が開催されました。

この企画展では、現代のロボットと産業用ロボットなど約50台が展示されて、子供から大人まで多くの来場者で賑わっていました。アイエイアイは「ロボット関連業界」のコーナーにて、スカラロボットなど数台を展示し、来場の皆様にご好評頂きました。

なかでも、スカラロボットによるお絵かきのデモンストレーションには、科学館のキャラクターである“かんちゃん”を描いていることもあり、ロボットの前には多くの子供達が列を作りました。その他、コミュニケーションロボット「ワカマル」や恐竜型ロボット「プレオ」、二足歩行小型ロボットなど様々なロボットが展示され、ロボットの魅力を“みて・きいて・さわって”五感で堪能できる企画展となりました。

Infomation
会期
  • 2010年1月3日(日)~2月14日(日)
開館時間
  • 9:30~17:00
休館日
  • 月曜日(休日除く)、祝日の翌日(日曜日除く)
入館料
  • 大人500円、中学生以下無料
アクセス
  • JR静岡駅より徒歩1分
URL

2003年に閉館した静岡市立児童会館で使われていた案内用ロボット「かんちゃん」が復活!!

アイエイアイのお絵かきロボット