アイエイアイのメールマガジン IAI e-magazine

アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン176号
 
IAI Quality and Innovation
このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。
画像が表示されない場合は、こちらをクリックしてご覧ください。

みなさん、こんにちは。

暖冬と言われているこの冬ですが、時折本来の冬らしい寒さになりますね。暖かい日に慣れてしまっていたので、不意にやってくる『平年並』の寒さがこたえます。
体調を崩さないようにするのにはやっぱり暖かくするのが一番ですね。暖房や重ね着・・・という対処法は当然ですが、私は最近耳にした『朝一番で白湯を飲む』という方法が気になっています。朝一番で時間をかけて白湯を飲むと、代謝が高まって体温が上がり、寒さに強くなるらしいのです。また、ダイエット効果もあるというウワサで、お金もかからずお手軽なのでさっそく試してみたいと思います。

それでは、また来月号で!

 
新製品   使用例紹介
新製品

ロボシリンダ®用 ポジションコントローラーCONシリーズに
8軸タイプのMCONが登場
(2015年11月25日発売)

特長1. 省スペース化、コストダウン
コントローラー8台を1台に凝縮することで、制御盤内の省スペース化と、トータルでの大幅コストダウンを実現しました。


特長2. 幅広いアクチュエーターに対応
バッテリーレスアブソリュートエンコーダー搭載アクチュエーターや、超小型ミニシリンダー、多回転ロータリーなどに対応し、小型から大型まで、動作可能なアクチュエーターのバリエーションが広がりました。 また、パワーコン®(高出力ドライバー)を搭載し、RCP5/RCP4との組合せで、最高速度が従来機種の1.5倍、可搬質量は最大2倍以上の高性能化を実現しました。


7種類の基板を自由に装着
(1)パルスモーターバッテリーレスアブソ/インクリメンタル用基板
(2)パルスモーター簡易アブソ用基板
(3)パワーコンバッテリーレスアブソ/インクリメンタル用基板
(4)パワーコン簡易アブソ用基板
(5)ACサーボモーターバッテリーレスアブソ/インクリメンタル用基板
(6)ACサーボモーター簡易アブソ用基板
(7)DCブラシレスモーターインクリメンタル用基板

特長3. AUTOモード時のサーボモニターが可能
従来は1軸コントローラーのみ対応していたAUTOモード時のステイタスモニターやサーボモニターが、多軸コントローラーでも行えるようになりました。
また、指定した信号の変化で、モニターを開始することができるようになりました。(トリガ機能)モニターしたいデーターを容易に保存することができます。



特長4. カレンダー機能により、アラーム発生時刻の保持が可能
時計機能の追加により、アラーム履歴が発生時刻で表示され、アラーム解析がしやすくなりました。
(時刻データの保持期間は電源切断後、10日間です。)
アラームリスト履歴数は32件×8軸です。



特長5. 役立つ機能を多数搭載

予兆保全機能対応(ACサーボモーター用)
・モニタリング機能にトリガ設定可能になりました。
 故障、不具合発生前の異変を検知してお知らせします。

スマートチューニング機能(パルスモーター用)
・搬送質量に応じた最適加減速を設定します。

オフボードチューニング機能(ACサーボモーター用)
・搬送負荷に合わせた最適なゲインを設定します。

制振制御機能(ACサーボモーター用)
・スライダー移動時に、スライダーに装着したワークの揺れ(振動)を抑えます。

加減速モード指定
・加減速パターンを、台形パターン、一次遅れフィルター、S字モーションから指定できます。

軸名称表示機能
・パソコン対応ソフト及びタッチパネルティーチングに軸名称を表示できます。


特長6. フィールドバス経由で数値指定移動が可能
・1軸あたりの位置決め点数は256点です。
・移動する位置や速度を数値で指定して動作が可能です。
・現在位置をリアルタイムで確認が可能です。

 

●詳細情報はこちらをご覧ください。
  http://www.iai-robot.co.jp/product/new/new_mcon_151127.html

カタログ

 

カタログを無料でお届けいたします。
ご希望の方は次のページからお申込ください。
http://www.iai-robot.co.jp/document

 

使用例


印刷機の引き込みローラー清掃工程を
電動化したことで
稼働時間がアップしました

【装置概要】
ダンボール印刷機の引き込みローラー清掃工程
 ・ローラーサイズ φ150mm、長さ 1000mm
 ・清掃は設備にローラーが組み込まれた状態で実施

【従来の問題点】
・手作業でブラシがけを行っていたため、清掃の過程で次のような汚れ残りが発生していました。
 (1)ブラシの送りムラ(不安定な速さ)による汚れ残り。
 (2)ブラシの当てムラ(ブラシを当てる力の強弱)による汚れ落ちの濃淡。
・残った汚れを落とす為に、何度もブラシがけを繰り返し、清掃作業に多大な時間をかけていました。

【改善内容】
・一定速でブラシを送ることで、汚れ落ちのムラがなくなりました。
 (ブラシの当て方も安定しました。)

【改善結果】
・ブラシがけの効率が上がり、清掃時間が短くなりました。
  清掃時間削減(1日当たり):60分 → 10分に削減
  稼働時間(1日当たり):420分 → 470分に12%アップ

さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
http://www.iai-robot.co.jp/case/industry/index.html


コーヒータイム

メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/wm/index.html



配信停止 配信先変更 登録情報変更 メール問合せ

 

2016.1.19発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係

静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL:0800-888-0088/FAX:0800-888-0100 または TEL:0120-119-480/FAX:0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/ e-mag@iai-robot.co.jp