アイエイアイのメールマガジン IAI e-magazine

アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン189号
 
IAI Quality and Innovation
このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。
画像が表示されない場合は、こちらをクリックしてご覧ください。

みなさん、こんにちは。

先日、散歩していて近所にある川の河川敷を通りました。

この河川敷には桜並木があり、毎年花見をする人でにぎやかになりますが、桜の花のつぼみが固いうちはほとんど人とすれちがうことはありません。 満開の桜並木を歩きたいという気持ちはありますが、人混みで疲れて桜の美しさを感じる余裕を持てないようでは足を運んだ甲斐がありませんので、少しタイミングをずらそうと考えています。

今年は『華やかな満開の桜を見る』のではなく、『咲き始めの桜をさがす』をテーマにして、リラックスできる花見をしようと思います。

では、今月号をお楽しみください!

 
製品紹介   使用例紹介
製品紹介
ロボシリンダRCP6を組み合わせた直交ロボット(IKシリーズ)が登場!!

ロッドタイプの本体にボール循環型リニアガイド機構を内蔵することで、
最長 800mm(RCP6シリーズ)のロングストロークとロッドへのラジアル荷重の負荷を可能にしました。
ラジアル荷重は、ロッド中心からオフセットした荷重にも対応が可能です。
※許容可能な負荷質量については総合カタログ2016「ラジアル許容負荷選定資料(巻末 -185ページ)」をご確認ください。

カタログ

 

カタログを無料でお届けいたします。
ご希望の方は次のページからお申込ください。
http://www.iai-robot.co.jp/document

 

お知らせ



部品供給を電動化したことにより
落下によるチョコ停がなくなりました

【取扱部品】
・PC周辺機器の樹脂製ケース。
(以降、ケースと略します。)

【工程】
・ケースをストッカーからコンベアーに供給します。

【従来の問題点】
・ストッカーからコンベアーへの部品供給にエアシリンダーを使っていました。
・水平軸がコンベアー上で停止するときの衝撃で、ケースが落下することがありました。
・進行方向に投げ出されたケースが、前のケースに重なったり、間隔がせまくなる不具合がありました。これが原因でチョコ停が発生していました。

チョコ停の頻度 : 平均6回/日
チョコ停の復旧にかかる時間 : 6分/回
1日当りのチョコ停復旧にかかる時間:6回×6分=36分(0.6時間)

【ロボシリンダー採用による改善内容】
・コンベアー上での停止をゆるやかに行うことで、ケースが落下しなくなり、チョコ停が発生しなくなりました 。

【改善による効果】
●チョコ停復旧にかかる人件費を削減できました。
(例)年間稼働日数240日、人件費1,800円/時の場合
 0.6時間(36分)×240日×1,800円=259,200円
  →年間削減効果:26万円

さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
http://www.iai-robot.co.jp/case/industry/index.html


コーヒータイム

メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/company/coffeetime/index.html



配信停止 配信先変更 登録情報変更 メール問合せ

 

2017.3.22発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係

静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL:0800-888-0088/FAX:0800-888-0100 または TEL:0120-119-480/FAX:0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/ e-mag@iai-robot.co.jp