アイエイアイ e-magazine
アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン136号
「2012東京国際包装展」出展のご案内

このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。

みなさん、こんにちは。

残暑が厳しい中にも、秋の気配を感じる今日この頃。
みなさんは、この夏の暑さから、疲れやすい、体がだるいなど、夏バテのような不調に悩まされていませんか?
夏の疲れの解消法としては、疲労回復効果のある食材を摂取する、温かいお風呂に入る、十分な睡眠をとるなどがあります。
まだまだ寝苦しい夜もあり、快適な睡眠をとれない方は、寝る前に軽いストレッチをすると、血液循環がよくなり、快適な睡眠に導いてくれるそうです。

では、また来月号で!

 
【今月のコンテンツ】

1.【展示会】「2012東京国際包装展」出展のご案内

2.【新製品】サイクルタイム短縮 超高速 直交型ロボットCT4が登場!

3.【使用例紹介】コンベア上のパンの移載装置

4.【アイエイアイホームページのみどころ】「電子カタログ(CD-ROM)最新版」発行


■メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/wm/index.html

「第16回機械要素技術展(M-Tech)」出展のご案内
2012 東京国際包装展

弊社は2012年10月2日(火)〜10月5日(金)に東京ビッグサイトで開催されます「2012 東京国際包装展」に出展いたします。

弊社ブースでは、サイクルタイム(Cycle Time)短縮とチョコ停(Choco Tei)の削減により生産効率アップ、それに伴い、設備費や人件費の大幅な削減をもたらすCT効果の高い新製品をはじめ、ネットワーク対応、ビジョンシステム、防塵防滴対応等、様々な機種を展示いたします。

また、今ものづくりの現場に求められている「消費電力の削減」「省力化」「小型化」についてのご提案を行います。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

●詳細情報

会期

2012年10月2日(火)〜10月5日(金)10:00〜17:00

会場

東京ビッグサイト

2012東京国際包装展

小間番号

東4ホール 4-59

主催

(公社)日本包装技術協会

入場料

無料

●出展製品
     
NEW   NEW   NEW   NEW
高速直交型ロボット CT4   ロボシリンダ防滴スライダタイプ RCP4W   XSEL 8軸 コントローラ   RCS2/RCS3/単軸ロボット用ポジションコントローラMSCON

従来の直交ロボットの加速度を大幅に上まわる高速性能を実現。

 

IP65保護等級。
従来品に比べ、小型化、低価格化を達成。

 

XSELコントローラに最大8軸の制御可能タイプが新登場。

 

単軸ロボット及び、ロボシリンダRCS2/RCS3シリーズが最大6軸動作可能なネットワーク専用コントローラが登場。

※その他、新製品を多数出展いたします。

●詳細はこちらのページをご覧下さい。

⇒ http://www.iai-robot.co.jp/exhibition/general/tokyopack/2012/2012_tokyopack_120907.html

●出展の案内状をお届けいたします。

弊社案内状をアイエイアイブースにご持参の上、アンケートにご回答頂いた方に、もれなく写真のアイエイアイ特製ノベルティ「USBフラッシュメモリー」を進呈いたします。
是非弊社ブースにお立ち寄り下さい。

■ご希望の方は、次のページからお申込下さい。
https://www.iai-robot.co.jp/iai-inquiry/exh/exhi_tokyopack2012_app.asp

※案内状のお申込は、9月27日(木)をもって締め切らせていただきますので、お早めにお申込下さい。

USBフラッシュメモリー

USBフラッシュメモリー
<メモリ容量 4GB>

■重量:約10g
■インターフェイス:USB2.0準拠(ver.1.1互換)
■対応OS:
  Windows7/Vista/XP/2000/Me、
  Mac OS 9.0以上
■シリコンパワー製
 

サイクルタイム短縮 超高速 直交型ロボットCT4登場!
サイクルタイム短縮 超高速 直交型ロボットCT4登場!

【特長1】 高速・高加減速度

最高速度2,500mm/s、最大加速度3.2Gの高速・高加減速により、装置のサイクルタイムを短縮します。

従来の直交ロボットと比較して標準サイクルタイム(注)を32%短縮しました。
(注)標準サイクルタイムは、上下移動25mm、水平移動200mmの往復動作の時間です。

【特長2】 高剛性、低振動

新開発の専用鋳造アルミフレームにより高い剛性を確保しました。またXY軸の締結ブラケットの形状及び振動減衰性を向上させることでZ軸先端の振れを減少し、更にXSELコントローラで制振制御を行うことで、高速動作時の振動を大幅に低減させることが出来ました。

【特長3】 効率の良い動作範囲

400mm(X軸)×300mm(Y軸)の広い動作範囲を確保しました。ロボットの構造上動作範囲が円となる多関節ロボットやパラレルリンク型ロボットと比べて、四角い動作範囲は無駄なスペースがなく効率的です。

【特長4】 直進性

高速直交型ロボットは、直線動作を行う単軸ロボットを組み合わせたロボットですので、直進性に優れています。


●詳細情報はこちらのページをご覧下さい。
http://www.iai-robot.co.jp/product/new/new_ct4_120510.html

■カタログを無料でお届けいたします。
ご希望の方は次のページからお申し込み下さい。

 http://www.iai-robot.co.jp/download/shiryo/index.html

使用例紹介

CT効果により年間528万円削減!

コンベア上のパンの移載装置:図■ 装置の概要
コンベア上を流れてくるパンを横方向に押し出して、横方向のコンベアに移載する装置。
横方向に押し出す装置の前にはストッパーが付いており一定の間隔で開閉します。

■ エアシリンダの問題点
この横方向に押し出す装置は従来エアシリンダを使用していましたが、エアシリンダは速度が不安定なため、速度を上げすぎるとストッパーが開いてからパンを押し出すまでの時間が早くなったり遅くなったりすることがあり、

◎パンが所定以外の場所で押し出される
◎押し出し後の戻り時、垂直軸が上がるのが遅れパンにぶつかる

などによりパンがつぶれる事がありました。

■ 電動化によるCT効果
電動化により、速度が一定となり、動作が正確となったため高速化が可能となり、この結果、サイクルタイム(往復)を4.0秒から2.3秒に短縮する事ができ、作業時間を1日2時間ほど短縮することができました。

このラインには包装機の保守や前後の工程のチョコ停発生時の復旧作業などを行うため3名の作業員が配置されておりましたが、その人件費の削減が可能となりました。

人件費 単価、作業人数 時給¥1,000 3名
設備費用 エアシリンダ設備¥80,000、ロボシリンダ設備¥200,000より
¥120,000増加
サイクルタイム短縮による
人件費削減効果
1日2時間短縮 2時間×¥1,000/時×3名=¥6,000/日
年間=¥6,000/日×20日/月×12ヶ月=¥1,440,000
合計 ¥1,440,000-¥120,000=¥1,320,000削減
これが4ラインあるため ¥1,320,000×4=¥5,280,000の削減

また、この工程で発生していたチョコ停もほぼゼロになりました。
このようなサイクルタイム(Cycle Time)短縮やチョコ停(Choco Tei)削減によるコストダウン効果を
CT効果
といいます。

 

■さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
 http://www.iai-robot.co.jp/download/shiyorei/

アイエイアイホームページのみどころ

— 「電子カタログ(CD-ROM)最新版」 発行 —

アイエイアイの製品カタログ、取扱説明書(コントローラのみ)を満載した電子カタログ(CD-ROM)の最新版が完成しました!

ロボシリンダの新シリーズや単軸ロボットの新製品などを追加しています。
是非、ご活用下さい。

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.iai-robot.co.jp/news/denshi-catalog2012_120824.html


■メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/wm/index.html

メルマガ配信の停止を希望される場合はお手数ですが、次のページから配信停止を行って下さい。
⇒ https://www.iai-robot.co.jp/e-mag/stop/
また、このメールの返信メールのタイトルもしくは本文に「不要」とご記入の上、送信していただいても構いません。
(宛先:e-mag@iai-robot.co.jp

配信先の変更を希望される場合はこのメールの返信メールに変更内容をご記入の上、送信していただきます様にお願いいたします。
※変更前のメールアドレスのご記入もお願いいたします。
(宛先:e-mag@iai-robot.co.jp

ご登録情報の変更は次のページで行えます。
⇒ https://www.iai-robot.co.jp/login/login.asp

上記以外のご要望その他は「e-mag@iai-robot.co.jp」宛にお送り下さい。

今後も製品情報・技術情報等、タイムリーな情報をお届けいたします。

2012.9.20発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係
静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL 0800-888-0088/FAX 0800-888-0100 または
TEL 0120-119-480/FAX 0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/
e-mag@iai-robot.co.jp