アイエイアイ e-magazine
アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン144号
「第17回機械要素技術展(M-Tech)」出展のご案内

このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。

みなさん、こんにちは。
風が心地よい爽やかな季節になりましたね。

先日、自宅の近くにある茶畑のまわりを散歩してきました。お茶の葉の新緑と快晴の空がとてもきれいで、リラックスした時間を過ごすことが出来ました。茶畑と言えば、お茶摘み体験が出来る農園があるそうなので、機会があれば挑戦してみたいと思います。
外に出かけるのが気持ちいい季節です。みなさんも自然のなかでゆったりとした時間を過ごされてみてはいかがでしょうか?

それでは、また来月号でお会いしましょう!

 
【今月のコンテンツ】

1.【展示会】「第17回機械要素技術展(M-Tech)」出展のご案内

2.【事例紹介】・ピック&プレイス(P&P)(CT効果)
・自動車用ピストンピン、サークリップの組み付け検査

■メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/wm/index.html

「第17回機械要素技術展(M-Tech)」出展のご案内
第17回機械要素技術展(M-Tech)

弊社は2013年6月19日(水)〜21日(金)に東京ビッグサイトで開催されます「第17回機械要素技術展」に出展いたします。

弊社ブースでは、大幅な動力性能向上やバリエーションが追加されたRCP4シリーズなど、各種小型産業用ロボットの展示を行い、サイクルタイム向上、品質向上に貢献する豊富な機能をご紹介いたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

●詳細情報

会期

2013年6月19日(水)〜6月21日(金)10:00〜18:00(最終日は17:00まで)

会場

東京ビッグサイト

第16回機械要素技術展(M-Tech)

小間番号

東3ホール 6-30(モーション技術フェア)

主催

リード エグジビジョンジャパン株式会社

入場料

5,000円(無料入場招待券をお申込下さい。)

●出展製品
  • 高速直交型ロボット CT4
  • ロボシリンダ防滴スライダタイプ RCP4W
  • XSEL 8軸 コントローラ
  • RCS2/RCS3/単軸ロボット用ポジションコントローラ MSCON

※その他、新製品を多数出展いたします。

●詳細はこちらのページをご覧下さい。

⇒ http://www.iai-robot.co.jp/exhibition/general/mtech/2013/17th-mtech_2013_130517.html

●無料入場招待券と出展の案内状をお届けいたします。

弊社案内状をアイエイアイブースにお持ちくださり、アンケートにご回答頂いた方に、もれなく写真のアイエイアイ特製ノベルティ「ステンレス真空ボトル」を進呈いたします。
是非弊社ブースにお立ち寄り下さい。

■ご希望の方は、次のページからお申込下さい。
http://www.iai-robot.co.jp/iai-inquiry/exh/exhi_17th-mtech(2013)_app.asp

USBフラッシュメモリー

ステンレス真空ボトル<250ml>

■サイズ:Φ72x161mm
■材質:ステンレス、ポリプロピレン、シリコン
■重量:約275g
■包装化粧箱:78x78x172mm
 

事例紹介
CT効果
ピック&プレイス(P&P):図

【1】ピック&プレイス(P&P)

【装置の概要】
食品包装用パウチパックを充填機に供給する工程で、エアシリンダ2本を組み合わせたYZユニットをロボシリンダRCS2シリーズに置き替えていただきました。

【ロボシリンダ導入によるCT効果】

(エアシリンダ使用時の問題点)

  • Y軸ストロークエンドについているオートスイッチをONする位置にばらつきがあるため、Z軸を下降させるタイミングがずれていました。これが吸着ポイントのずれとなり、搬送途中でワークが引っかかり、チョコ停が発生していました。
  • タイミングがずれることにより、ワークを吸着するバキュームパッドが横滑りして、パッドの磨耗による吸着ミスにつながることもありました。

エアシリンダからロボシリンダに置き換えることで、

<改善1>
内蔵エンコーダの位置決め完了信号で確実な動作が可能になりました。

<改善2>
吸着ミスが無くなりチョコ停が解消しました。


 
自動車用ピストンピン、サークリップの組み付け検査:図

【2】自動車用ピストンピン、サークリップの組み付け検査

【装置の概要】
エンジン部品のピストンとコネクティングロッドを接続するピンに、サークリップ(止め輪)を組み付ける工程で、ロボシリンダテーブルタイプRCP3-TA4Rをご採用いただきました。

【ロボシリンダ導入による効果】

(ロボシリンダ使用前の問題点)

  • サークリップの組み付けは手作業で行っているため、人により組み付けのバラツキが出てしまいます。溝にきちんとはまらない状態のものは、後からサークリップが脱落してしまう不具合が発生していました。

ロボシリンダを導入することで、

<改善>
組み付け後に自動検査をすることで、サークリップ脱落の不具合が無くなりました。押し付け動作にてサークリップが正しい位置に組み付けられ、公差内にはいっているかどうかの確認を(位置決め完了信号出力)と(ゾーン信号出力)でダブルチェックしています。

■さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
 http://www.iai-robot.co.jp/download/shiyorei/

■メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/wm/index.html

メルマガ配信の停止を希望される場合はお手数ですが、次のページから配信停止を行って下さい。
⇒ https://www.iai-robot.co.jp/e-mag/stop/
また、このメールの返信メールのタイトルもしくは本文に「不要」とご記入の上、送信していただいても構いません。
(宛先:e-mag@iai-robot.co.jp

配信先の変更を希望される場合はこのメールの返信メールに変更内容をご記入の上、送信していただきます様にお願いいたします。
※変更前のメールアドレスのご記入もお願いいたします。
(宛先:e-mag@iai-robot.co.jp

ご登録情報の変更は次のページで行えます。
⇒ https://www.iai-robot.co.jp/login/login.asp

上記以外のご要望その他は「e-mag@iai-robot.co.jp」宛にお送り下さい。

今後も製品情報・技術情報等、タイムリーな情報をお届けいたします。

2013.5.24発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係
静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL 0800-888-0088/FAX 0800-888-0100 または
TEL 0120-119-480/FAX 0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/
e-mag@iai-robot.co.jp