アイエイアイのメールマガジン IAI e-magazine

アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン181号
 
IAI Quality and Innovation
このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。

みなさん、こんにちは。

7月の終盤にさしかかり、各地の梅雨明けニュースを耳にするようになりました。
これから本格的な暑い日が続きますので、熱中症にならないように気をつけて過ごしたいと思います。さて、日頃から熱中症にならないように注意していれば、自分自身を守ることはできます。しかし、思いがけず身の周りの人が熱中症になってしまう・・・・という可能性は潜んでいます。

いざ、誰かが熱中症になったらどうすればよいか?これもあらかじめ調べておけば対処方法を頭に入れておくことができます。 でも、救急車を呼ぶことになったときに携帯電話の電池が切れてしまっていては迅速な対応ができなくなってしまいます。近くに公衆電話があったり、誰か他の人の携帯電話を借りたり〜ということができればいいのですが・・・・。

少々心配し過ぎかもしれませんが、今年の熱中症対策に私は『こまめに携帯電話の充電をする』を加えて万一に備えたいと思います。

では、今月号をお楽しみください!

 
新製品   使用例紹介
新製品
特長1.高分解能バッテリーレスアブソリュートエンコーダー標準搭載
バッテリーレスアブソリュートエンコーダー搭載製品のメリット
バッテリーを必要としないので、バッテリーのメンテナンスが不要です。装置立ち上げ時や、非常停止後、あるいは故障で停止した後の装置の再起動時に、原点復帰を必要としません。作業時間を短縮でき、製造コストが低減できます。また、価格は従来品のインクリメンタルエンコーダーと同じです。
特長2. クリーン度クラス10対応
クリーン仕様をご用意しました。ワイドスライダータイプを含む全8タイプを取り揃えています。
クリーンルームなど特殊環境での用途に最適です。

特長3. ワイドスライダータイプが登場
従来のスライダータイプの他にRCP6シリーズで新しく登場
したワイドスライダータイプにもクリーンルーム仕様が加わ
りました。
ワイドボディーで、ピッチング・ヨーイング・ローリング・
方向の高負荷なモーメントに対応します。

 

●詳細情報はこちらをご覧ください。
  http://www.iai-robot.co.jp/product/new/new_rcp6_series_160127.html#info_cr


カタログ

 

カタログを無料でお届けいたします。
ご希望の方は次のページからお申込ください。
http://www.iai-robot.co.jp/document

 

使用例



扉の開閉(昇降)を電動化したことで
開閉時の衝撃を抑え
扉の破損がなくなりました

【工程概要】
・ペットボトル(飲料水)入りのダンボール箱を出荷用トラックに搬送する工程。
・コンベアーの途中にある扉の開閉を行う装置
・開閉頻度:1,500回/日

【従来の問題点】
・扉の開閉(昇降)をエアシリンダーで行っていました。
・エアシリンダーの上端と下端で発生する衝撃が原因で扉(透明アクリル板)が破損することがあり、
 1年に1度交換していました。
・スピコンを調整して衝撃を抑えるために速度を落とすと、タクトタイムならびに工場内の空調管理
 (温度・湿度)に影響が出るので、開閉速度を下げることはできませんでした。
   扉の費用:30,000円/枚 交換作業費:3,600円
   5ライン分合計:(30,000+3,600)×5=168,000円

【ロボシリンダー採用による効果】
・加減速度を調整して高速でなめらかな開閉動作ができるようになりました。
・衝撃による破損がなくなったため、扉の交換が必要なくなりました。

【改善による効果】
 ●扉の交換が不要になりました。
  →年間削減効果:16万8千円

さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
http://www.iai-robot.co.jp/case/industry/index.html


コーヒータイム

メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/wm/index.html



配信停止 配信先変更 登録情報変更 メール問合せ

 

2016.7.20発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係

静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL:0800-888-0088/FAX:0800-888-0100 または TEL:0120-119-480/FAX:0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/ e-mag@iai-robot.co.jp