アイエイアイのメールマガジン IAI e-magazine

アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン182号
 
IAI Quality and Innovation
このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。

みなさん、こんにちは。

まだまだ暑い日が続いていますがいかがおすごしでしょうか?

先日、この暑さから逃れるために涼しい場所を求めて車で富士山の2合目に出かけました。
今は入山のマイカー規制があり、車で気軽に行けるのは2合目までです。標高はおよそ1700mで平地にくらべると気温が6〜7度低くとても爽快です。森の中のハイキングコースに入るとさらに気温が2〜3度下がります。すべての音を吸い込むかのような静けさと、ひんやりとした空気や木のにおいの相乗効果で、ただそこにいるだけで心身ともに癒されました。森から大自然の力を分けてもらったような気分で、なんだか元気になって帰ってきました。

車で1時間程度と案外時間をかけずにたどり着く場所なので、暑さに負けそうになったらまた癒しを求めて出かけようと思います。

では、今月号をお楽しみください!

 
新製品   使用例紹介
新製品

・ベルトや減速機などの減速機構が無く、回転テーブルを直接モータで駆動します。
・コンパクトで高速性・応答性に優れています。
・従来機種のDDシリーズと比べて低価格を実現しました

特長1. フランジレスの高トルク/中空穴タイプに
    ブレーキ付仕様を追加。クリーン仕様もご用意。
特長2. 低価格を実現
従来機種のDDシリーズと比べ、
価格が最大約33%低減しました。
特長3. 高速、高加減速
位置決め時間の短縮により、装置のサイクルタイムが短縮し、生産性が向上します。
特長4. 高トルク、高可搬質量

 

●詳細情報はこちらをご覧ください。
  http://www.iai-robot.co.jp/product/new/new_dda_160701.html


カタログ

 

カタログを無料でお届けいたします。
ご希望の方は次のページからお申込ください。
http://www.iai-robot.co.jp/document

 

使用例



切断機の送りにロボシリンダーを使ったことで
速度が安定して不良がなくなりました。

【工程概要】
 成型機から出てきた樹脂製チューブを定寸に切断する工程です。断面が斜めにならないように、
 チューブの送り速度と同じ速さで切断機を送り、カッターで切断(高速で1回転)します。

【従来の問題点】
 切断機の送りにエアシリンダーを使っていましたが次のことが原因で指定通りの位置で切断できな
 いことがあり、長さ不良が発生していました。
 (不良判定 基準は切断長さ300mmに対して±1mmです)

・始動タイミングのばらつき。(始動命令→始動にかかる時間が0.2〜0.3秒の間でばらつく)
・送り速度のばらつき。(エア圧の変動が影響)

 不良の頻度:10本/日(生産量2,000本/日に対して) 樹脂製チューブ単価:100円 不良品廃棄
 総額:250,000円/年(稼働日:年間250日)

【ロボシリンダー採用による効果】
・始動タイミングのばらつきがなくなりました。
・送り速度が安定しました。これにより、指定通りの位置で精度よく切断できるようになり、長さ不
 良がなくなりました。

【改善による効果】
 ●樹脂製チューブの長さ不良がなくなりました。
  →年間削減効果:25万円

さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
http://www.iai-robot.co.jp/case/industry/index.html


コーヒータイム

メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/wm/index.html



配信停止 配信先変更 登録情報変更 メール問合せ

 

2016.8.24発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係

静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL:0800-888-0088/FAX:0800-888-0100 または TEL:0120-119-480/FAX:0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/ e-mag@iai-robot.co.jp