アイエイアイのメールマガジン IAI e-magazine

アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン184号
 
IAI Quality and Innovation
このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。

みなさん、こんにちは。

先日、富士山の初冠雪の話題をテレビのニュース番組で見ました。そういえば、少し前にくらべると朝夕の冷え込みが少し強くなって、肌寒さを感じる日が増えてきました。 季節の変わり目には気温の変化に体がついていけなくなって体調をくずしやすくなるので天気予報を気にしながら体調の管理に気をつけたいと思います。

さて、寒い季節になればあたたかい料理が恋しくなりますよね。まだ少し『鍋料理の季節』には早いのですが、今年は以前から気になっている『トマト鍋』を食べようと計画しています。 まずはどこかおいしいお店を探して、味を覚えたら家で再現してみようかと考えています。 レシピを読んで作るよりも、自分の味覚だけを頼りにうまく作ることができるかどうか挑戦してみたいと思います。

では、今月号をお楽しみください!

 
新製品   使用例紹介
新製品
特長1. 最高速度2,500mm/sec、最大加減速度3.0G

転造ボールねじでは"業界初"となる、ねじ径の3倍にリード設定したアクチュエーター
ISB/ISDBシリーズをラインナップしました。
転造ボールねじ採用で低コストであり、3倍リードで高速性にすぐれたアクチュエーターです。
従来品と比較して、最高速度は最大2.3倍、加減速度は最大1.5倍の対応が可能です。

特長2.サイクルタイム短縮
高速化により位置決め時間を大幅に短縮できます。

 

●詳細情報はこちらをご覧ください。
  http://www.iai-robot.co.jp/product/new/new_isb_160928.html


カタログ

 

カタログを無料でお届けいたします。
ご希望の方は次のページからお申込ください。
http://www.iai-robot.co.jp/document

 

使用例



移載装置を電動化したことで
高速化を実現しコストを削減できました

【取扱部品】
・キューブ型スピーカーの背面パネル。
(以降、パネルと略します)

【装置概要】
・前工程(塗装)からパネルが流れてきますが、ほとんどのパネルが進行方向に対して傾いていま
 す。次の組立工程では向きが直角平行になっている必要があるので、この傾きを全数矯正します。
・パネルは、コンベアーから取り出され、パネル矯正機に行き、矯正後コンベアーに戻されます。

【従来の問題点】
・パネルをコンベアーとパネルの傾き矯正機の間を往復移動させるためにエアシリンダーを使ってい
 ました。
・水平移動から垂直移動に切り替わるときに、水平移動用エアシリンダー停止時の衝撃が原因でパネ
 ルが落下することがありました。これが原因でチョコ停が発生していました。
・チョコ停が発生した際、エア圧やスピコンの設定チェックや試運転が必要なので復旧に時間がかか
 っていました。

チョコ停の発生頻度:2回/日
チョコ停の復旧にかかる時間:30分/回

【ロボシリンダー採用による効果】
・水平移動停止時の減速度を低く設定し、衝撃の無いスムーズな停止ができるようになりました。こ
 れにより、パネルが落下しなくなり、チョコ停が発生しなくなりました。

【改善による効果】
 ●チョコ停復旧の人件費を削減できました。
(例)年間稼働日数240日、人件費1,800円/時の場合
 1時間(30分×2回)×240日×1,800円=432,000円
  →年間削減効果:43万円

さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
http://www.iai-robot.co.jp/case/industry/index.html


コーヒータイム

メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/company/coffeetime/index.html



配信停止 配信先変更 登録情報変更 メール問合せ

 

2016.10.13発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係

静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL:0800-888-0088/FAX:0800-888-0100 または TEL:0120-119-480/FAX:0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/ e-mag@iai-robot.co.jp