アイエイアイのメールマガジン IAI e-magazine

アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン185号
 
IAI Quality and Innovation
このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。

みなさん、こんにちは。

朝夕の冷え込みが強くなり、冬がもうすぐそこまで来ていることを肌で感じるようになってきました。寒くなるのは少し辛いのですが、この季節ならではの楽しみがあります。静岡市の周辺ではそろそろ紅葉が見頃に近づいていますので、少し足をのばして近所の山で紅葉狩りをしようかと考えています。

歩きながら、紅葉や道端に落ちている栗、ドングリ、キノコなどの秋らしい写真を撮ってみようと思います。ところで、キノコの中には食用にするのはもちろん、触るだけでも炎症を起こしてしまう危険なものがあるそうです。可愛らしいキノコを見つけても、調子に乗って手を出さず、写真を撮るだけで満足するように気をつけたいと思います。

では、今月号をお楽しみください!

 
お知らせ   使用例紹介
お知らせ

バーカウンターをイメージした15mのレーン上に、挑戦者が工夫をこらした重さ2.5kgのコースターとグラスを射出機から打出し、滑走距離を競います。
この対決でコースターとグラスを打出す射出機としてアイエイアイ製電動アクチュエーターが登場します。

使用例



組立(はめ込み)工程を電動化したことで
速度が安定しチョコ停がなくなりました

【取扱部品】
・清涼菓子のケース。(以降、ケースと略します)

【装置概要】
・フタを乗せた仮組みのケースが前工程から流れてきます。
・コンベアーから組立台にケースを送り、上からフタを押してはめ込みを行います。

【従来の問題点】
・フタの組立(はめ込み)にエアシリンダーを使っていました。
・移動途中で速度の変更ができないので、アプローチ移動とはめ込みを同じ速度で行っていました。
・エアシリンダー特有の低速時のロッド振動が発生し、フタのはめ込みが不完全になることがありました。これが原因でチョコ停が発生していました。
・チョコ停が発生した際、指定どおりの速度で安定して動作するように、スピコンの調整や試運転を行うため復旧に時間がかかっていました。

チョコ停の発生頻度:2回/日
チョコ停の復旧にかかる時間:20分/回

【ロボシリンダー採用による効果】
・アプローチ移動は高速で、はめ込み時は低速で動作するよう速度を切り替えることでサイクルタイムが改善しました。
・速度を数値で指定して、低速でも安定した動作で最適なはめ込みができるようになりました。これにより、はめ込み工程の不良がなくなり、チョコ停が発生しなくなりました。

【改善による効果】
●サイクルタイムが改善し、生産効率がアップしました。
 電動化前2.5秒→電動化後1.5 秒
  →生産効率:67%アップ
●チョコ停復旧の人件費を削減できました。
 年間稼動日数240 日、人件費1,800 円/時の場合
 40分(20分×2回)×240日×1,800 円=288,000 円
  →年間削減効果29万円

さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
http://www.iai-robot.co.jp/case/industry/index.html


コーヒータイム

メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/company/coffeetime/index.html



配信停止 配信先変更 登録情報変更 メール問合せ

 

2016.11.9発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係

静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL:0800-888-0088/FAX:0800-888-0100 または TEL:0120-119-480/FAX:0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/ e-mag@iai-robot.co.jp