アイエイアイのメールマガジン IAI e-magazine

アイエイアイ 小型産業用ロボット メールマガジン190号
 
IAI Quality and Innovation
このEメールはカタログ請求をされた方、展示会でお名刺を頂いた方、メールマガジン配信希望の方、
配信の了解をいただいた方々に配信しています。

みなさん、こんにちは。

気がつけばもう4月です。

少し前に2017年がはじまったばかりだと思っていましたが、あっという間に1年の4分の1が過ぎてしまいました。そういえば、年始に考えた今年の目標や抱負はすっかり頭の片隅に追いやられてもはや何だったのかも思いだせなくなっています。

4月は新学期・新年度等、気持ちを切り替えるのにちょうどよい時期なので、年始に考えた今年の目標等を思い出して、達成できるように計画を立て直そうと考えています。 先送りして年末に『結局なにもできなかった・・・・。』ということにならないようにしたいと思います。

では、今月号をお楽しみください!

 
新製品   使用例紹介
新製品
立ち上げから保守・メンテまで、『簡単』を極めたエレシリンダ

●詳細情報はこちらをご覧ください。
  http://www.iai-robot.co.jp/product/new/new_ec_20170405.html


カタログ

 

カタログを無料でお届けいたします。
ご希望の方は次のページからお申込ください。
http://www.iai-robot.co.jp/document/

 

お知らせ



箱の位置出し動作を電動化したことにより
製品切り替えにかかる工数を削減できました。

【取扱部品】
・食品が入った出荷用の段ボール箱。(以降、箱と略します。)
・製品は4種類あり、各々箱の大きさが異なります。

【工程】
・箱を位置出しプレートまで押し出して、印刷面の位置出しを行った後に賞味期限を印刷します。
・製品毎に箱の大きさが異なるので、製品切り替えの都度、押し出す量を変えて箱を押し出します。

【従来の問題点】
・箱の押し出し動作にエアシリンダーを使っていました。
・製品切り替えの際、押し出す量を箱の大きさに合わせるためにエアシリンダーのストッパーの位置を都度、手作業で変更していました。

製品切り替えの頻度 : 平均3回/日
押し出し量変更調整時間 : 10分/回
1日当りの製品切り替えにかかる時間:3回×10分=30分(0.5時間)

【ロボシリンダー採用による改善内容】
・押し出し量の設定を、数値で簡単に行えるようになりました。これにより、製品切替の都度行っていた手作業による変更調整作業が不要になりました。

【改善による効果】
●押し出し量の変更調整にかかる人件費を削減できました。
(例)年間稼働日数240日、人件費1,800円/時の場合
 0.5時間(30分)×240日×1,800円=216,000円
  →年間削減効果:22万円

さまざまなアプリケーションの動画をご覧いただけます。
http://www.iai-robot.co.jp/case/industry/index.html


コーヒータイム

メールマガジンでお伝えしきれない情報はこちらから。
コーヒータイム最新号⇒ http://www.iai-robot.co.jp/e-mag/new.html
バックナンバーはこちら⇒ http://www.iai-robot.co.jp/company/coffeetime/index.html



配信停止 配信先変更 登録情報変更 メール問合せ

 

2017.4.5発行
株式会社 アイエイアイ IAI e-magazine 係

静岡県静岡市清水区尾羽577-1
TEL:0800-888-0088/FAX:0800-888-0100 または TEL:0120-119-480/FAX:0120-119-486
http://www.iai-robot.co.jp/ e-mag@iai-robot.co.jp