アイエイアイ

Quality and Innovation

CT効果による生産効率改善事例
1




装置の概要 この装置は車載用のセンサの組立てと検査を行う装置で、
作業員がスイッチを押すと、
 (1)ワーク設置台が奥に移動
 (2)コネクタの圧入
 (3)検査
 (4)ワーク設置台が途中まで戻る
 (5)合格印の捺印
 (6)ワーク設置台が最初の位置に戻る
という半自動機です。
装置仕様 ● エアシリンダ使用台数=8台
● 品種対応能力=10種類(3ラインで25品種対応)
● サイクルタイム=14.0秒





<条件>
 1. エアシリンダを使用した設備費(1台)・・・500万円
 2. ロボシリンダを使用した設備費(1台)・・・550万円
 3. 人件費(1名)・・・650万円/年