CT4シリーズ

高速・高剛性と優れた直進性により組立・検査のサイクルタイムを短縮

新開発の専用鋳造アルミフレームにより高い剛性を確保しました。

ご相談・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。

特長1高速・高加減速度

最高速度2,500mm/s、最大加速度3.2Gの高速・高加減速により、装置のサイクルタイムを短縮します。

特長2高剛性、低振動

新開発の専用鋳造アルミフレームにより高い剛性を確保しました。またXY軸の締結ブラケットの形状及び振動減衰性を向上させることでZ軸先端の振れを減少し、更にXSELコントローラで制振制御を行うことで、高速動作時の振動を大幅に低減させることが出来ました。

特長3効率の良い動作範囲

400mm(X軸)×300mm(Y軸)の広い動作範囲を確保しました。ロボットの構造上動作範囲が円となる多関節ロボットやパラレルリンク型ロボットと比べて、四角い動作範囲は無駄なスペースがなく効率的です。

特長4直進性

高速直交型ロボットは、直線動作を行う単軸ロボットを組み合わせたロボットですので、直進性に優れています。