RCA-RGD3C

アクチュエータースペック

型式 モーター出力
(W)
リード
(mm)
最大可搬質量 定格推力
(N)
ストローク
(mm)
水平(kg) 垂直(kg)
RCA-RGD3C-I-20-10-①-②-③-④ 20 10 4 1.2 36.2 50~200
(50mm毎)
RCA-RGD3C-I-20-5-①-②-③-④ 5 9 2.7 72.4
RCA-RGD3C-I-20-2.5-①-②-③-④ 2.5 18 6.2 144.8

記号説明 ① ストローク ② 適応コントローラー ③ ケーブル長 ④ オプション

ストローク
リード
50~200
(50mm毎)
10 500
5 250
2.5 125

(単位はmm/s)

アクチュエーター仕様

項目 内容
駆動方式 ボールねじ φ8mm 転造C10
繰返し位置決め精度 ±0.02mm
ロストモーション 0.1mm以下
ロッド径 φ16mm
ロッド不回転精度 ±0.05度
使用周囲温度・湿度 0~40℃、 85%RH以下(結露無きこと)

適応コントローラー

本ページのアクチュエーターは下記のコントローラーで動作が可能です。ご使用になる用途に応じたタイプをご選択ください。

名称 外観 最大接続
可能軸数
電源電圧 制御方法 最大位置決め点数
ポジショナー パルス列 プログラム ネットワーク ※選択
DV CC CIE PR CN ML ML3 EC EP PRT SSN ECM
ACON-CB/CGB 1 DC24V
※選択

※選択
512
(ネットワーク仕様は768)
ACON-CYB/PLB/POB 1
※選択

※選択
64
ASEL-CS 2 1500
MCON-C/CG 8 256
MCON-LC/LCG 6 256
RCON 16 128

(注) DV、CCなどのネットワーク略称記号については、7-15ページをご確認ください。

海外規格

特徴

(注) リード2.5 は除く

選定上の注意

(1)可搬質量は標準仕様/省電力対応が0.3G(リード2.5は0.2G)、高加減速対応が1G(リード2.5は除く)動作させた時の値です。加減速度を落としても最大可搬質量は「アクチュエータースペック」の数値が上限となります。
(2)動作条件(搬送質量、加減速度等)によって、使用可能なデューティーの目安は変化します。詳細は1-452ページをご確認ください。
(3)水平可搬質量は外付けガイドを併用した場合の数値です。付属のガイド単体で使用可能な質量は1-456ページをご参照ください。
(4)簡易アブソで使用される場合も型式項目のエンコーダー種類欄は「 I 」になります。
(5)取付姿勢によっては注意が必要です。詳細は1-361ページをご参照ください。
(6)RCON接続時は、変換ユニットもしくは変換ケーブルが必要になります。詳細は7-41ページをご参照ください。

ページトップへ戻る

寸法図

ST:ストローク

ME:メカニカルエンド

SE:ストロークエンド

※1 モーター・エンコーダーケーブルを接続します。ケーブルの詳細は1-255ページをご参照ください。

※2 原点復帰を行った場合はロッドがMEまで移動しますので周囲物との干渉にご注意ください。

RCA-RGD3C(ブレーキ無し)

ストローク 50 100 150 200
L 277.5 327.5 377.5 427.5
140 190 240 290
質量(kg) 1.1 1.2 1.4 1.5

RCA-RGD3C(ブレーキ有り)

ストローク 50 100 150 200
L 316.5 366.5 416.5 466.5
140 190 240 290
質量(kg) 1.3 1.4 1.6 1.7