高速直交型ロボット CT4|新製品|アイエイアイ 取扱説明書PDF カタログ請求 カタログPDF 2次元CAD画面 パラメトリックCAD図面

アイエイアイ

Quality and Innovation

サイクルタイム短縮 高速直交型ロボットCT4に回転軸付仕様登場!!
 line
特長01

回転軸付仕様がシリーズ追加

垂直軸先端に、超小型回転軸を設置したタイプが追加となりました。搬送物の向きを変えての移動、整列が可能となり、仕様用途がさらに拡大しました。

 line
特長02

高速・高加減速度

最高速度2,500mm/s、最大加速度3.2Gの高速・高加減速により、装置のサイクルタイムを短縮します。

従来の直交ロボットと比較して標準サイクルタイム(注)を32%短縮しました。

(注)標準サイクルタイムは右図の様に上下移動25mm、水平移動200mm回転移動180度の往復動作の時間です。

 line
特長03

効率の良い動作範囲

400mm(X軸)×300mm(Y軸)の広い動作範囲を確保しました。ロボットの構造上動作範囲が円となる多関節ロボットやパラレルリンク型ロボットと比べて、四角い動作範囲は無駄なスペースがなく効率的です。

 line
特長04

剛性が高く、設置が容易

CT4はフレームの剛性が高いため、可搬質量が大きく、振動も抑えることができます。また、パラレルリンク型ロボットは、通常ワークの上部に取り付けるため専用台の設置が必要になりますが、CT4はワークの高さの面に取り付けるため設置が容易です。

 line
<性能・仕様>
  X1(マスター)軸 X2(スレーブ)軸 Y軸 Z軸 R軸
ストローク(mm) 400 400 300 100 360度
最大速度(mm/s) 2,500 2,500 2,500 833 4500度/s
可搬質量(kg) 0.5
位置決め再現性(mm) X方向:±0.02 Y方向:±0.02 Z方向:±0.02 R方向:±0.025度