新製品情報

小型サイズSCON-CAL登場

ポジションコントローラSCON-CALの製品情報

ご相談・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。

ポジションコントローラSCON-CALの特長

特長1小型化を実現

幅49mm×高さ158mm×奥行116mmとSCON-CAに比べて、大幅な小型化を実現しました。

特長1

コントローラは密着設置が可能です。制御盤の省スペース化に貢献します。

特長1

特長2メンテナンス性の向上

特長2アブソバッテリ電圧低下やファンの回転数低下などを“WRG(ワーニング)”LEDでお知らせします。この機能により、保守部品の交換時期が目視でわかるようになりました。(信号出力もできます。)

アクチュエータが移動した回数及び走行距離を積算してコントローラに記録し、予め設定した回数及び距離を超えると信号を外部に出力します。これにより、グリスアップや定期点検のタイミングを確認することができます。また、アラーム履歴が発生時間で表示されるため、アラームが解析しやすくなりました。

特長3多彩なフィールドネットワークに対応

CC-Link、DeviceNet、PROFIBUS-DP、MECHATROLINK-Ⅰ/Ⅱ、CompoNet、EtherCAT、EtherNet/IP、PROFINET IOに対応可能です。

特長3

特長4安全カテゴリ対応

お客様で外部回路を構築することで、安全カテゴリ1~4に対応できます。

特長5DIN レール取付対応

DIN レール取付仕様をお選びいただけます。

特長6SCON-CA/SCON-CAL/MSCONとの違い

【機能比較表】
機能比較表

≪機能説明≫
③サーボモニタ機能:現在の速度や位置などを確認することができる機能です。
④オフボードチューニング:搬送負荷に合わせた最適なサーボゲインを計算する機能です。
⑤制振制御機能:アクチュエータのスライダ移動時に、スライダに装備したワークの振れ(振動)を抑える機能です。