TTシリーズ

コンパクト形状に凝縮された使いやすさと高機能

低価格を実現した高機能テーブルトップ型ロボット誕生

ご相談・問い合わせ

製品に関するお問合せをはじめ、導入をご検討のご相談などお気軽にお問合せ下さい。

特長1繰り返し位置決め精度±0.02mm

特長2XSELコントローラを内蔵

特長3門型タイプ、片持ちタイプが選択可能

特長4動作範囲は2タイプから選択可能200mm×200mmタイプと400mm×400mmタイプ

特長5フィールドネットワークに対応(オプション)

主な仕様

繰り返し位置決め精度±0.02mm

高剛性ベース、ボールネジ、サーボ制御モータを採用

ベースには、アルミの押し出し材を使用した高剛性ベースを使用。
さらに高精度のボールネジ、サーボ制御モータの使用により、高精度と脱調レスを実現しました。

XSELコントローラを内蔵

高い軌跡精度と等速性を実現

高い軌跡精度と等速性で好評のXSELコントローラをそのまま移植しました。
XSELコントローラの豊富な機能・コマンドをそのままご利用できます。
3軸仕様の場合は3次元円弧補間や3次元パス動作が可能です。
またティーチングボックス、パソコンソフトなどのツールも共用です。
プログラムは最大64プログラム、マルチタスクは16本が同時動作可能。
ポジションは最大3000ポジションが登録可能です。

門型タイプ、方持ちタイプが選択可能

高剛性の門型タイプと作業スペース重視の片持ちタイプ

門型タイプはY軸が固定されているため偏荷重に強く、Z軸にかかる加量が重い場合や、スライダからの張り出しが大きい場合に適しています。
片持ちタイプは作業面が広く空いていますので、大きなワークや変形のワークを固定して作業するのに適しています。

動作範囲は2タイプから選択可能

2020(200mm)タイプと4040(400mm)タイプ

門型タイプ、片持ちタイプ共に、動作範囲(X/Y軸)200mm×200mm(2020)タイプと、400mm×400mm(4040)タイプの2タイプをご用意しました。
小型のワークから大型のワークまで、適したサイズの機種が選択可能です。

フィールドネットワークに対応(オプション)

DeviceNet、CC-Link、ProfiBus、Ethernetに対応

代表的なフィールドネットワークであるDeviceNet、CC-Link、ProfiBus、Ethernetに接続が可能ですので、ポジションの変更や生産結果のデータ等の伝達・収集が可能です。

  • 本ページの仕様はシリーズ全体のスペックから最大値を記載したものです。要求仕様の組合せによっては最大値の表示を満たさない場合があります。
  • 詳細情報はカタログ(PDFファイル)をご覧下さい。

主なTTシリーズバリエーション紹介

TT

門型2軸/3軸
片持ち2軸/3軸