用語集

10000km走行寿命について

フィールドで実際に使う場合は、10000時間程度の保証が必要になります。その場合移動速度、稼働率などを考慮すると走行距離換算では5000kmから10000kmになります。ガイドの寿命はラジアル荷重に対しては充分に余裕が在り、むしろモーメント荷重による偏荷重が寿命に対して問題となります。
弊社では、この為10000km走行を保証出来る動定格負荷モーメントを示し10000km走行寿命としています。

50km走行寿命について

ガイドメーカが、その許容負荷能力を表わす一つの方法として提示する表現方法。この許容ラジアル荷重(基本動定格荷重)の負荷を掛けて走行させた時壊れないでいる確率(残存確率)が90%である値。確実の産業機械では移動速度、稼働率などを考慮すると実際の走行距離に換算して5000kmから10000kmの動作保障が必要となります。その観点からみると解りにくく、利用しにくいデータです。

A相(信号)出力・B相(信号)出力

インクリメンタル形の出力で図のようなA相、B相の位相差で軸の正転・逆転を判定します。正転の場合A相はB相に対して先行します。

C10

ボールネジの等級で、数値が小さくなる程、精度が良くなります。転造:C10は、300mmストロークにつき代表移動量誤差が±0.21mmと規定されています。

CCW(反時計回り)

Counter Clockwise Rotation の略。
軸から見て左回り、すなわち時計の針と逆方向へ回る回転のことを言います

CW(時計回り)

Clockwise Rotation の略。
軸から見て右回り、すなわち時計の針と同じ方向に回る回転のことを言います。

PLC

プログラマブルロジックコントローラの略。
(シーケンサ、プログラマブルコントローラとも言います)。生産設備・装置を制御するためのプログラム可能なコントローラです。

SEL言語

SHIMIZUKIDEN・ECOLOGY・LANGUAGE の略からきた当社独自のプログラム言語の名前です。

Z相

インクリメンタルエンコーダの基準点を検出する相(信号)で、原点復帰動作の際、原点を検出するために使います。 原点復帰時に基準となるZ相信号をさがす事をZ相サーチといいます。