DD-LH18

型式/スペック

エンコーダー
種類
型式 モーター
W数
(W)
動作範囲
(度)(注1)
速度
(度/s)
定格トルク
(N・m)
(注2)
瞬時
最大トルク
(N・m)
許容慣性
モーメント
(kg・m2
ロータ
イナーシャ
(kg・m2
17bitインデックスアブソタイプ DD-LH18S-AI-600-360-T2-① 600 0~359.999度 1~1440 25 75 1.8 0.0106
17bit多回転アブソタイプ DD-LH18S-AM-600-360-T2-① 最大±9,999度
20bitインデックスアブソタイプ DD-LH18P-AI-600-360-T2-① 0~359.999度
20bit多回転アブソタイプ DD-LH18P-AM-600-360-T2-① 最大±2,520度

記号説明 ① ケーブル長

(注1) SCONとXSELでは最小分解能が異なります。詳細は取扱説明書をご参照ください。

(注2) 弊社定格放熱板に取付時の特性です。詳細は総合カタログ2018・1-385ページをご覧ください。

仕様

共通仕様

項目 内容
駆動方式 ダイレクトドライブ
繰返し位置決め精度 17bit:±0.0055度(±19.8秒) 20bit:±0.00103度(±3.7秒)
割出し精度(注3) 17bit:±0.01249度(±45秒) 20bit:±0.00833度(±30秒)
許容負荷モーメント 80N・m
エンコーダー分解能 17bit:131,072pulse/rev
20bit:1,048,576pulse/rev
許容スラスト荷重 正方向:3100N 逆方向:250N
ベース材質 アルミ
使用周囲温度、湿度 0~40℃、20~85%(結露無きこと)
本体質量 13.2kg

(注3) 割出し精度はSCON-CB/LCと接続した場合に対応します。

タイプ別仕様

インデックスタイプ 多回転アブソタイプ
原点復帰 不 要 不 要
無限回転 ×
アブソバッテリー 不 要 必 要

出力軸の振れ

適応コントローラー

本ページのアクチュエーターは下記のコントローラーで動作が可能です。ご使用になる用途に応じたタイプをご選択ください。

名称 外観 最大接続
可能軸数
電源電圧 制御方法 最大位置決め点数
ポジショナー パルス列 プログラム ネットワーク ※選択
DV CC CIE PR CN ML ML3 EC EP PRT SSN ECM
SCON-CB/CGB 1 単相AC200V 512
(ネットワーク仕様は768)
SCON-LC/LCG 1 512
(ネットワーク仕様は768)
XSEL-P/Q 6 単相AC200V
三相AC200V
20000
XSEL-RA/SA 8 55000
(タイプにより異なります)

(注) DV、CCなどのネットワーク略称記号については、7-17ページをご確認ください。

(注) DD-□18PはSCON-CB/CGBのみ使用可能です。

(注) コントローラー選定上の注意点は1-328をご確認ください。

(注) 高分解能タイプはXSEL-P/Qには接続できません。

海外規格

選定上の注意

(1)「型式/スペック」の速度の(  )内は最大速度になります。移動距離が短い場合最大速度に到達しない場合があります。
(2)「共通仕様」の許容負荷モーメントおよび許容スラスト荷重の負荷は、定格回転数で1日8時間動作し、衝撃のない円滑な運転の場合で寿命が5年となります。
(3)「ケーブル長価格表」のケーブル長さは最大30mです。長さ指定はm単位でご記入ください。(例:X08=8m)
(4)パルス列制御時とMECHATROLINK Ⅲ制御時は、インデックスアブソタイプは使用できません。(1-489ページ参照)
(5)高分解能タイプはXSEL-P/Qには接続できません。
(6)取付姿勢によっては注意が必要です。詳細は1-199ページをご参照ください。

ページトップへ戻る

寸法図

(注) 上面図回転部の位置が原点位置となります。

質量

項目 内容
質量(kg) 13.2kg